17キロ痩せて生理がとまった私が、普通の生活に戻った記録

無茶なダイエットを経験し、体を壊しボロボロになった私が1年を通して元の体に戻した記録をブログにしました。同じ悩みを持ってる人に少しでも届いたらいいなと思ってます。

カロリー制限で安全に痩せるには知識が必要

 お久しぶりです。色々あって更新ができていませんでした(´;ω;`)

今日は、私がやって一番効果があったカロリー制限ダイエットについてお話ししたいと思います。

カロリー制限ダイエット体験談

 まず、私は二年前くらいにカロリー制限ダイエットに力をいれていました。

どんなことを行ってきたかというと・・・

 皆さんは、自分が一日生きているだけでどのくらいのカロリーを消費しているか知っていますか?

 当時の私は、今から約2~3年前なので2017年くらいから本格的に始めました。

その時の年齢は19歳で身長は159㎝でした。では、そのときの何もしないでも一日のエネルギーの消費量は・・・

www.dietexercisenavi.com

 詳しくは、こちらを参考にしてほしいのですが、私の場合だと何もしないでも1180kcalは一日で消費します。それに、加えて人にはそれぞれ一日生活するにあたって、学校や仕事・家事運動などそれぞれ活動量によってエネルギーの消費量は増えてきます。大体生活レベルによって、人それぞれ消費量は変わってくるのですが・・・

xn--mnq74t3x1andp4uh.biz

 こちらのサイトでわかりやすくそれを説明してあるのですが、これを見てみると

私の場合身体活動レベルは学校に行っていたり、バイトをしたり、時々体育があったりなどしていたので普通といったところです。それを踏まえたうえで考えると、19歳で2050kcal一日は消費していることになります。

 

 では、これを通してわたしがやっていたことは簡単に言うとこういうこと。

               

            食事量<運動量

 そうです。一日2050kcal消費するなら、そのエネルギー量よりも食事の量を減らせば痩せるじゃん!!って思っていたんです。また、当時雑誌をよく読んでいたのですが、特集で低カロリーの食事が出ていてこれを食べたら痩せる!!!!みたいにのっていたので、それを信じてカロリー制限をしていました。

 

 特に・・・学校の休みの日は一日中外を歩くようにしたり、電車は使わない!ばすはつかわない!エレベータは使わないなどいろいろしていました。はたからみると確かに健康そうなダイエットに見えるのですが、、、

 前にも書いたように

 

anzuanzutan.hatenablog.com

  糖質を制限したり、極端に食事を抜いたり・・・色々していました。

しかも、一日中歩くのも楽しむんではなく太るから、、、という義務感でやってましたた。ただでさえストレスがかさんできました。

 

 話は少し脱線するけど、本当に運動は自分が楽しめる程度でしたがいいですよ!!!!!

極論運動が苦手な人は、私はダイエットで運動しなくてもいいと思います。友達と買い物したりして歩いたり、旅行で街並み楽しむために散歩したりそんぐらいでもいいと思います。ストレスがたまるのは、結局自分の精神的に来ますね( ´∀` )

 

 はちゃめちゃなカロリー制限をした私の体は・・・

①足がメリハリのないくらい、線みたいな足=かりっつかり

でも・・・歩きまくってたから不自然にふくらはぎが張ってる。

②集中力が全く続かない。

③眩暈がひどい

④友達たちと話してても全く笑えない

などなど他の記事にも書いてるように体はぼろぼろでした。

 特に、カロリー制限で失敗したのは痩せたけど、想像とは違い体のメリハリはなくただ細いし、好きな服が似合わなくなる。

 

 正しい方法でカロリー制限をしましょう!

 痩せるという考えにもよりますが、かりっかりになったとき全く細くても美しさなどはかけらもありませんでした。しかし、私は他のダイエットに比べてカロリー制限ダイエットはそこまで悪いとは思いません。

 もし、運動ができるなら少しずつ一日で消費するエネルギーを増やしてあげて、そして必ず自分が消費する分だけの栄養は食事からきちんととってあげることが大事。

自分が体験して思ったことだけど、正直1日普通に生活してて、自分とらなきゃいけないだけのエネルギーを食事で摂取し、それよりも少し運動とかプラスしてあげることで太りにくい体はつくってあげることができます。

 考え方だけど、痩せるんじゃなく太りにくいからだを作ってあげるほうに意識を向けるほうがきっときれいなプロポーションになると思います。

shougaiyobou.com

 食事も、私の場合は一日1950kcalはとったほうがいいということです。

なぜなら、それぐらいはとらないと人が生きていく中で、体を作っていくためには必要不可欠だからです。それを、無理して制限してむちゃして運動すると、体もエネルギー不足で将来病気になりやすくなったり、疲れやすかったり、生活してても楽しくないです。

 ただ、食べ過ぎた~って日の次の日はカロリーを制限するのはありだと思いますが、継続して行うのは体のプロポーションや体調も悪化するだけなのでなるべく控えたがいいと思います。

<a href="https://health.blogmura.com/kenkobi/ranking/in?p_cid=11025542" target="_blank" ><img src="https://b.blogmura.com/health/kenkobi/88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 健康ブログ 健康美へ" /></a><br /><a href="https://health.blogmura.com/kenkobi/ranking/in?p_cid=11025542">にほんブログ村</a>

 

糖質制限ダイエットは痩せるけど危険

私のやっていた糖質制限

 皆さんは、糖質制限ダイエットって聞いたことありますか?

まず、結論から話すと糖質制限ダイエットは痩せます!!

なぜなら、糖質が足らなくてエネルギー源が足らない分、自分の筋肉を壊してエネルギーとするので体重が減るからです。

私個人が糖質制限ダイエットをした感想は、痩せるけど一番健康を害するしリバウンドがすごい。

 

 では、今から私が行ってきた糖質制限の種類を書きます。

*食べていいのは、果物だけ
*お菓子は基本禁止・ジュースは一切のまない
*主食であるご飯やパンを、普通の量の半分以下にする。
*お昼ご飯にコンビニの糖質0うどんなどを食べるなどなど

この中でジュースは飲まないや、お菓子は基本禁止はどちらかというと健康にいいと思います。

 ただ、私の中で一番問題だったのは主食の量を極端に減らしたことです。

主食を減らすだけで、私は体重はかなり短期間で落ちました。だいたい糖質制限は2016年ごろから-17kgを達成する2018年までやってましたが、本格的に始めた2017年4月から10月までで-6kg落としました。

 糖質制限で体がおかしくなった。

*顔色がとても悪い

*頭痛がひどい

*貧血になりやすい

*疲れやすい (身体的に・精神的に)

などの症状が体に現れ始めました。

 特に一番きつかったのは、精神的・身体的な疲れ

 学校に登校するだけで、授業を聞くだけでもう疲労が尋常ではありませんでした。

学校が終わって家に帰ると、三時間ぐらいは布団から動けない状態でした。

当時の私は、糖質の抜きすぎでエネルギー不足でした。糖質はエネルギーをつくる大事な栄養源です。

 

 糖質は1日に最低でも摂取しないといけない量が決まってて・・

www.tyojyu.or.jp

 詳しいことは、こちらのサイトに載っているのでよければこちらもご覧ください!

 

時18歳の私は、1日およそ1950kcalは食事から摂取しないといけなくて、317gの 糖質は摂取しないといけなくて、、、

 ご飯1杯→およそ糖質100g 食パン五枚切り1枚→およそ35g

なので。。。全て糖質を半分でとっていた私はこれで考えると50g、14g、あとおかずとかの糖質で考えたとしても明らかに少ないですよね!!

 

 なので、体のエネルギー源が不足して疲れても、疲労が回復しなかったりしてたんです。それに加えてエネルギーがないということは、免疫力も低下するので病気にもかかりやすくなります。

 そして、糖質を今までとらなくて私はあるとき、ぷちっときれたように暴食してしまいました。すると、今まで体のエネルギー源が足りていなかった分、取り込もうとするので通常よりも倍吸収されて太りやすくなりました。(泣)

 

 糖尿病の方や、かなりの肥満の方は糖質制限をしたほうがいいと思います。

しかし、私の経験上自分が標準体重と同じくらいもしくは、それよりも細い方は糖質制限はしなくていいと思います。もしくは、きちんと自分の一日最低必要な糖質はとってそれ以上はとらないようにすればいいのではないかなと思います。

 次回は、カロリー制限ダイエットについて話したいと思います

<a href="https://blogmura.com/ranking/in?p_cid=11025542" target="_blank"><img src="https://b.blogmura.com/88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="ブログランキングにほんブログ村へ" />にほんブログ村</a>

生理が来なくなった時にしていたこと

( まず初めに、今までのブログの記事で年数を間違えて計算していたので修正しました!申し訳ないです!)

生理がこなくなってからのお話

 

 54kgから、46kgの-9キロのダイエットに成功したとき、私は生理が止まりました。詳しくは、昨日のブログに書いたので、よければそちらを見てからご覧いただけるとありがたいです。

 

anzuanzutan.hatenablog.com

  生理が止まっていた期間⇒2016年11月~2018年7月まで

 当時私は今までしていなかった過度な食事制限と運動を行い、体重の減量を行ったために、体内の栄養がうまくいき届かずとうとう生理がとまってしまいました。

 私はそのおよそ一年半いろんな方法で生理を来させようと試みました。

対策をしていたのが、2016年1月~翌年3月と、飛んで2017年1月からです。なにもやっていない期間もあって、それも理由があるため長くなるので今日は最初のころに行っていたことを書きます。また、後日後半の部分書きます。

産婦人科に通うようになる

 生理は、女性にとって赤ちゃんが生むための準備をしたという大事な証です。それが長期間来ないということは赤ちゃんを産む準備ができないので、将来出産できないかもしれなくなります。あとよく聞くのは、骨粗しょう症のリスクを上げます。

 女性ホルモンエストロゲンは、骨を作るカルシウムだったり排卵の促進にも大きくかかわるので、私は長期間生理がこないままいるのは、将来のためにもよくないと思ったので産婦人科にいくことにしました。 

 当時の私はダイエットのことしか頭になかったので、食事制限をやめてちゃんと食べて生理をこさせるという手段がどうしてもできなかったのもあります。

 

ホルモン剤で生理を来させる

 私は、産婦人科に行ってとりあえずホルモン剤を飲むことで、生理を来させることになりました。

 私の使っていたホルモン剤 プラノバール

192abc.com

 プラノバールについてわかりやすく書いてあるのでよかったら、こちらも見てください。

 当時の私がプラノバールを処方してもらったのは、過度な食事制限で体内のホルモンバランスが乱れていたからです。なので、プラノバールの作用であるホルモンバランスを整えてあげることで生理をこさせていました。

 

 薬でこさせた結果 メリット、デメリット

 (私個人の体験なので誰でもそうではないです)

メリット➡生理が来ることで自分の中で気持ちが安定する。

デメリット➡生理が来るまでの副作用が強い。

 私は生理がきたことで、安心感はありましたが薬を投与するまでの二か月間生理が来てなかったのでものすごく気持ちが不安定になったりしました。

 実は今でも生理前は気持ちの波はすごいです。

よく月経前症候群 PMSを聞きますがそれですね。

なので薬で来させる場合は、しっかりそれを踏まえてお医者さんと話すことが大切です。

<a href="https://mental.blogmura.com/seshoku/ranking/in?p_cid=11025542" target="_blank" ><img src="https://b.blogmura.com/mental/seshoku/88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ" /></a><br /><a href="https://mental.blogmura.com/seshoku/ranking/in?p_cid=11025542">にほんブログ村</a>

 

 

 

-9kgのダイエットを成功したときにとうとう生理が止まった。

 2015年の12月からスタートした私のダイエット。

遂に2016年11月-9kgのダイエット成功するとともに生理が止まりました(泣)

( ダイエットをなぜしようと思ったかについてと、一番ピークの体重が載っているので参考までに)

anzuanzutan.hatenablog.com

 もともと、私の体重自体は周りから見ても相当太っている体系ではないと思います。

標準体重は、人が生活するにあたって一番健康であるとされている体重です。

 標準体重は下記のような式で求められます。

標準体重(kg)= 身長(m)× 身長(m)× 21.75(BMI

 私の当時の身長で考えた場合だと1.58×1.58×21.75=54

なので、丁度標準体重くらいなので普通ですよね。

 

 ただ、日本人は考えすぎてるとよく言われているらしいですが標準体重って少しぽっちゃりしているイメージありませんか?私は当時もうぽっちゃりがデブ!!だと思っていたので(笑)

 

 生理ってどのくらい痩せたら止まるの?

 生理は急激にダイエットとかすると止まるみたいです。確かに、39kgくらいの人でも整理が来る人はいます。ゆっくり体重を落としたりすると、生理がとまることは少ないみたいです。

 

 ただ当時私の場合一日の摂取カロリーが極端に少ないうえに、ランニングは異常にしたり、運動をたくさんしてたので、自分の体を保つので精一杯だったりホルモンバランスが乱れたりするのが原因です。

 あともう一つの原因があります!!それは食べ物からとる脂肪の摂取量が極端に少ない!!!!!!この記事は詳しく書こうと思いますが女性の方は、ダイエットの時糖質も控えますが脂質をひかえますよね!!それアウトです!!!!!もちろん食べすぎもだめですよ。

生理にかかわるホルモンは脂肪からできているからです!!私は脂肪もほとんどcutしていました。その結果生理が来なくなったのです。ダイエットするには多少の知識をつけておかないと後に自分の体をこわしてしまいますね。

<a href="https://blogmura.com/ranking/in?p_cid=11025542" target="_blank"><img src="https://b.blogmura.com/88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="ブログランキングにほんブログ村へ" />にほんブログ村</a>

ダイエットにランニングは勧めない

運動のこと

 今日は、2016年一年間やっていた運動のことについてお話したいと思います。

私は、運動が好きで、最も当時力をいれてやっていたのがランニングです。私がやっていたランニングは、休み時間にひたすら学校の体育館や朝夕の外ランを積極的に行っていました。

 当時私の先輩も体育ランニングで-10kgのダイエットに成功してました。

ランニングは本当に痩せるのか?

ランニングは食事との組み合わせ次第で手軽に間違いなく痩せますランニングイラストフリー素材 に対する画像結果

 

 ただ、、、とても長期戦。ランニングを習慣化しないと痩せません。私は2017年8月から初めて翌年2月まで行ってましたが、体重ががくんと減り始めたのは11月頃。

 ランニングは個人差はありますが、目に見えた効果は三か月ぐらいたたないと出ません。その際、食事も気にしないといけないのでストレスも多くかかるので、私はあまりお勧めしません。

ランニングで注意しなくではいけないこと

 私がやっていたランニング法は、ただ痩せたくてエネルギーを消費したくてがむしゃらにずっと走っていました。もちろん、当時の食事は糖質は抜きおかずだけ。結果痩せたけど見た目は肉がそがれて、健康的ではない。また、顔には血の気はなく病人みたい。

 ランニングは有酸素運動です。無酸素運動とは違い運動するのに酸素をゆっくりと使うので、体全体に運ぶにはエネルギを沢山使います。私はそのころ多い時で60分はランニングしていました。そうなると、体は酸素を多く必要とするが糖質を取っていないからエネルギーが足らない。 

 そうすれば、エネルギーはどこからえるのかというと自分の組織いわゆる筋肉!!

いつかこのことも詳しく書こうと思いますが、そうなると筋肉は重いので減ることで体重も減ります。

 ランニングをちゃんと行ってる人は食事もきちんと気にされている方が多いです。

よく、マラソン選手が走る前におにぎりなどを食べるなど聞いたことありますよね

ランニングは、ただ走って食事制限しても痩せるけどきれいではないし、継続やストレスもかかる。後が怖い。なのでランニングをダイエットで選んでも楽しめればいいけどそうじゃなければただきついだけだから勧めないんです。

 

<a href="https://diet.blogmura.com/ranking/in?p_cid=11025542" target="_blank" ><img src="https://b.blogmura.com/diet/88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 ダイエットブログへ" /></a><br /><a href="https://diet.blogmura.com/ranking/in?p_cid=11025542">にほんブログ村</a>

 

 

二か月でまずはマイナス3kgのダイエットに成功した話

 なぜ挫折せずに3kg痩せれたのか

 

 

ブログのタイトルにもなっているように私は、ダイエットを決意した2015年12月から

ダイエットを始め2016年2月の二か月でマイナス3kg痩せました。ダイエットを本気でしている人たちからしてみればスピードは遅いですが、私の中では初めて継続もできたし効果も大きかったです。

私の中で挫折せずにダイエットを継続して行える力となるのは、[復讐心][恋]この二つだと思います。人間は怒りや恋の感情をもったとき、とてつもない力が働くと思います。これはあくまで私の経験です。だからといって、ダイエットしたい人に恋をしろとか、誰かに復讐心持てよなどはさすがに言えません。

なのでダイエットを挫折しないようにするには、沢山の人の挫折談からの体験談を見るべきだと思います。

その中で、私が参考にしていた本を紹介したいと思います。

参考本

サンマーク出版から出てる村山彩さんが書かれた「あなたは半年前に食べたものでできている」です。

 

あなたは半年前に食べたものでできている

あなたは半年前に食べたものでできている

 

 

 

これは、私が3kg痩せたときに参考にしていた本で彼女がどのように挫折しダイエットを成功させたかが詳しくのっています。

またこれは無茶なダイエットをする前に読んでいて、健康的に痩せれる方法が書いてあるのでよかったら読んでみてください。詳しい感想などは、また別の日のブログに載せたいと思います。

三キロやせた方法

お待たせしました。当時三キロ痩せたときにやっていた方法を載せます。

①お茶、水以外の飲み物は一切のまない。

②牛乳ではなく、豆乳を飲む。常にストックがある。

③ご飯、果物以外の糖分は一切とらない、お菓子も

④水を必ず持ち歩きなくなればすぐに補充。一日2リットル以上は意識

⑤なんでもいいからとりあえず運動する。

このときは、当たり前のことしかしてなかったんですが、だいぶ痩せました。これで何が変わったかというと顔のむくみ

とれてすっきりしました。詳しくは、次の時に書きますが一番聞いたのはお菓子の塩分をぬいたことでむくみがとれ、水をたくさんとることで老廃物が流れてすっきりして体重が減った。また、間食をとらないことで食べる量が減ったので痩せたことが大きいです。

<a href="https://diet.blogmura.com/diet_seikou/ranking/in?p_cid=11025542" target="_blank" ><img src="https://b.blogmura.com/diet/diet_seikou/88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット成功へ" /></a><br /><a href="https://diet.blogmura.com/diet_seikou/ranking/in?p_cid=11025542">にほんブログ村</a>

 

当時158cm 54kgの私がダイエットを決意した瞬間

 今回は、私がダイエットを本格的に始めようと思ったきっかけについて話そうと思います。

私が、本気でダイエットを決意したのは高校二年生の頃です。それまでは、別に体系を気にしたこともなかったし、周りに指摘されたこともありませんでした。

しかし、高校二年生の当時私はいろんなストレスから夜食に友達とチョコ、お菓子、ラーメンを毎日のように食べていました。まぁ、これだけ食べてれば太りますよね、、、

 そんなある日、私は友達に笑われながら「太ったよね?w」だったり「それはさすがにやばいでしょ」など言われました。又当時私には好きな人がいたのですが、周りにそれを噂され「あんなやつでも好きな人できるんだ」と言われました。

 友達たちはふざけて言ったんだと思います。ただ、当時の私はそれが悔しくて悔しくてたまりませんでした。「太った?」といわれるのはかなりトラウマです。最終的に私は好きな人がいることも馬鹿にされたのが許せなくて見返してやろうと思いダイエットを決意しました。 

 よく、整形依存症になる方は小さいころに自分の容姿を馬鹿にされそれがトラウマになり、整形を繰り返してしまう方が多いです。拒食症も同じです。

 何気なく、太った?痩せた?ブス?キモイ?なんて言ってしまいますが、誰でもそんなことばを受けたら気持ちいい人はきっとそんなにいないし、中にはそれを一生の傷として残ってしまう人もいます。なので、言葉には気を付けていきたいですね。